必見!女性の年収1位の 人気職業 ?ミレニアル世代のお金事情や使い方

社会人生活って実際はどうなの?

学生を卒業後の就職や社会人生活が実際どんなものなのか気になったり不安になっている人も多いのではないのでしょうか

▪︎社会人のリアルな金銭事情を徹底大公開

現代社会人の現実的なお金の使い道、貯金や生活費について大解剖!さらには人気職業ランキング、年収ランキングなど気になる事情をご紹介。

社会人の本当の金銭事情について

▪︎ 女性の業種別年収ランキング

知りたい仕事別の人気年収ランキング。気になる業種別の第1位は、「ベンチャーキャピタル」という業種です。主に、上場前の会社や、成長見込みの高い会社に資金を提供、出資する企業です。調査の結果。金融・投資会社がトップ3を占めています。

2018年版「111業種のモデル年収平均ランキング」では、1位が「ベンチャーキャピタル」(1,436万円)、2位が「外資系金融」(850万円)、3位が「証券・投資銀行」(825万円)と、金融・投資にかかわる業種がトップ3を占めました。

金融にかかわる業種はほかにも、5位「生命保険・損害保険」(736万円)、6位「金融総合グループ」(659万円)、13位「商品取引」(582万円)、17位「銀行」(561万円)などが上位にランクインしています。

▪︎ 女性の職種別年収ランキング

映えある女性の職業別での年収ランキング、1位は業務改革コンサルタントです。年収はなんと642万円と高額ですね。その他、上位にはコンサルタント系、金融系の専門職が占めています。

2018年の女性の平均年収ランキングは、全166職種中、1位「業務改革コンサルタント(BPR)」642万円、2位「弁護士」632万円、3位「アナリスト(金融系専門職)」603万円という結果になりました。

▪︎ 20代女性の平均年収は319万円

20代の女性の平均年収は、319万円。30代からは382万円という結果になっています。やはり、30代から年収が増加している傾向にありますね。職場での経験値やポジションの昇給により年収がアップしているようですね。

2018年の女性の年代別の平均年収は20代が319万円、30代が382万円、40代が413万円、50代以上が442万円という結果になりました。

▪︎ 1ヶ月間の生活費は平均20万円前後

平均的な社会人の生活費は、およそ月収25万円に対して約20万円前後のようです。20万円の使い道は家賃と光熱費がほとんどのようです。そう考えると家賃は10万円以上の物件に住んでる方が多いようですね。残りの4万円〜5万円は趣味や自分の貯金に回すようです。

月々の生活費の平均は20.0万円。平均月収が25.1万円で、月々の平均貯金額は4.1万円だから、月収から生活費を引いた分、きっちり貯金にまわす人が多いという結果に。

▪︎ 年間の貯金額は24万円〜60万円

一月での平均貯金額は2万円〜5万円未満程だそうです。年間、24〜60万円前後をしっかりと貯金しているようですね。やっぱり堅実にコツコツと続けて貯金する事が大事ですよね。

気になる社会人のお金の使い道は?

▪︎ 学生時代とは違うちょっぴり背伸びしたショッピング

学生時代は、あまり手が届かなかった、ちょっぴりお高い質の良い物をショッピング。社会人になると、仕事から帰宅した後の自分の時間が大切に感じます。例えば質の良いルームウェアを買うとか、質の良いお部屋のインテリアを買うなどの、自己投資にお金を使いたくなる傾向にあります。

▪︎ 旅行や非日常的な体験にお金を使う

就職して、ある程度職場にも慣れ、都会にいると日々のストレスがたまり、普段は体験できないような物事に興味を持ちます。そういう時はぷらりと旅行に出かけてみたり体験型のオンラインサービスから予約をして思いっきりアクティビティを楽しんだり、遊び体験を楽しむ方が多いようですね。

日々心配のないお金に余裕のある生活を

どうでしたか?就職が楽しみになりましたか?リア充な社会人ライフを送るためにはしっかりと、計画的なお金の使い方や貯蓄方法をしっかりと実践して、悔いのない日々を楽しんでみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です